保護犬の極み

保護犬の預かりボランティアをしています

ミツオくん!!

私が今一番推している子犬、ミツオくん。トライアル失敗となり、現在改めて里親さんを募集しています!

www.pet-home.jp

個性的な顔が可愛すぎる…そしてとてもやんちゃで人懐っこくて抱っこが大好きです。譲渡会で必死にちゅーるを食べる姿を見て母も私もすっかりミツオくんのファンになりました。

 

最初はこんなに小さかったのに…

f:id:nachi_dog:20220115142118j:image

 

11月末の譲渡会で出会ったときはこんな感じ。

f:id:nachi_dog:20220115142141j:image
f:id:nachi_dog:20220115142144j:image

 

そして今はまた大きくなりました。

f:id:nachi_dog:20220115142156j:image

早く里親さんが決まるといいなぁ。興味のある方は青い鳥に問い合わせてみてください!

 

 

△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△
 
最後まで読んでいただきありがとうございます!
こちらもご覧ください♪:まえなつ lit.link(リットリンク)
 
△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△

チャリティポットコインを知っていますか?

SNSで話題の「チャリティポットコイン」をご存知でしょうか?

チャリティポットコインとは、LUSHで販売されている固形石鹸。これを購入すると消費税以外の購入金額が社会問題に取り組む団体に寄付されるそうです。チャリティポットコインは動物の権利人権環境問題の3種類があり、それぞれの問題に取り組む団体に寄付することが可能です。

www.lush.com

売上げの全額(消費税を除く)が、動物の権利擁護、人権擁護、環境の保護に取り組む草の根団体に寄付・助成される『 チャリティポット コイン 』。あなたが幸せな気持ちでボディケアをするだけで、遠くにいる見知らぬ誰かに優しい幸せをもたらします。

<動物の権利>
かわいい肉球が刻まれた『 チャリティポット コイン 』です。人間から搾取されたり、残虐な扱いを受けたりすることなく、それぞれの動物たちが本性に従って生きる権利を擁護します。

<人権>
互いを尊重し、思いやる心を呼び起こす『 チャリティポット コイン 』です。一人ひとりが生まれながらに持つ、人間らしく幸せに生きるための権利を擁護します。

環境保護
優しい雰囲気の葉っぱが刻まれた『 チャリティポット コイン 』です。私たちを取り巻く自然環境の汚染や破壊を未然に防ぎ、すでに起きてしまった環境問題は改善に努めます。

実はInstagramでコスメアカウントを持っているほどコスメや美容が大好きなので、石鹸を買うだけで寄付できるというところに「おお!」と食いついてしまいました。残念ながらLUSHの店舗が近くにないので私はオンラインで購入することになりそうです。
商品を購入することで問題意識が芽生えたり、寄付できたりという仕組みはとてもよいですね。
ちなみにLUSHの商品では、(超定番ですが)みつばちマーチという固形石鹸とパワーマスクというパックがおすすめ〜!
 
 
△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△
 
最後まで読んでいただきありがとうございます!
こちらもご覧ください♪:まえなつ lit.link(リットリンク)
 
△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△

クラウドファンディング詐欺未遂

クラウドファンディングで詐欺未遂という残念なニュース。

news.line.me

死んだ飼い犬が闘病中だと嘘をつき、インターネットで資金を募るクラウドファンディング(CF)で支援金をだまし取ろうとしたとして、奈良県警高田署は13日、詐欺未遂容疑で同県大和高田市岡崎の無職、須藤栞奈(かんな)容疑者(26)を逮捕した。同署によると、「これまで犬にかかった治療費を取り戻したかった。生活が苦しかった」と供述し、容疑を認めているという。

逮捕容疑は、昨年8月に犬が病気で死んだにもかかわらず、闘病生活を続けているかのように装う虚偽の文章をCFのホームページに投稿し、昨年10月~12月、治療費名目で集めた支援金を詐取しようとしたとしている。

同署によると、374人から計約184万円が集まった。須藤容疑者の口座にはCF運営会社から手数料を引いた約154万円が振り込まれる予定だった。

たまたま気がついた方がいて発覚したそうですが、似たようなケースはたくさんあるのでしょうね。

私自身、クラウドファンディングのプロジェクトに参加してみて、特に厳しい審査などはなかったので、良くも悪くもいろんなことに利用できる仕組みだなと思っていました。

動物の病気に関わらず同情を引く内容のものは多く、支援しなければ!という気にさせられることも多々あります。支援を募っている人や団体についてよく調べ、お金がどのように使われるのかを理解した上で支援しなければならないと改めて痛感しました。

このツイートの画像にも書いてあるように、もしペットが病気になったら、まずはできる限り自分でお金を用意して対処したいと考える人が多いと思います。なぜそれができないのか、最終手段のクラウドファンディングに行き着いた理由がはっきりとわかるものでなければ支援したくないなぁというのが私の本音です。必要なところに必要な支援が届いてほしいですね。

 

 

△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△
 
最後まで読んでいただきありがとうございます!
こちらもご覧ください♪:まえなつ lit.link(リットリンク)
 
△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△